【反省】デジゲー博2017

投稿が遅くなりましたが、デジゲー博2017。お疲れさまでした!!

初めての経験で不安でしたが、何とか体験版として提供できる体裁を

整えることができました。

 

試遊については、およそ30人程はやっていただけたと思われます。

チュートリアルは多少長めで、10分程度かかるのですが、

デジゲー博の限られた時間で、最後まで遊んでいただける方もいらっしゃったこと、

そしてご意見をいただけたことが非常に励みになります。

 

 

・・・さて、その際に受けた意見を忘れないために、反省点をここから書いていこうと思います。

 

「反省点1 ・・・ チュートリアルの不親切さ」

操作方法については、

上みたく巻物を配置して、ユーザに読んでもらうくらいでわかるだろうと考えておりました。

”某死んで覚えて魂を集めるタイプのゲーム”でもこんな感じなのでまぁ、大丈夫でしょうと

 ・・・が、意外とわかってもらえない!!

 

本作、ボタン4つどころか、R1、L1、R2、L2、十字キーなどゲームコントローラを

fullに活用してシステムを作っています。

それらの全ボタンの説明を覚えていただき、チュートリアルという短い期間に、

理想通りにプレイしていただけるようになるというのは、

かなり困難であると感じさせられました。

特に困難だったのが、

・回避ではなく、防御を重点的に使う戦闘システム

・道具をフル活用する戦闘システム

をどうプレイヤーに違和感なく把握させられるかでした。

ここについては次の体験版に対しての課題にしようと思います。

 

「反省点2 ・・・ ゲームの難易度」

本作の、序盤についてはそれほど悪い難易度ではなかったと考えています。

簡単すぎないか・・・?と考えておりましたが、

操作に慣れていない段階では案外死ぬこともあるようです。

少々簡単すぎるくらいがチュートリアルとしては良かったようです。

 

少なくとも、上の敵は本作の操作感の悪さもあり、チュートリアルとして

出すにはダメだったかもしれませんね。

死んで覚えさせるというのをやろうとしましたが、

チュートリアルで敵が強すぎて、ただ不快感につながったかもしれません。

 

「反省点3 ・・・ ゲームの特徴」

本作では、非常に便利ではあるが、使いすぎると道具の副作用があり、

副作用を管理する必要があるといった、

”用法用量を守って正しく戦うアクションゲーム”

というゲームの特徴にしてみようと考えていました。

 

よくわかりませんか?

実は私もよくわかっていません。(´・ω・`)

 

とにかく、毒や薬を使って、戦闘を組み立てるというところをゲームで

表現をしたかったのですが、ここについては全く表現できていませんでしたね・・・

副作用込みで使わなければ勝てない敵でも出しますかね・・・。

 

「反省点4 ・・・ タイトル」

・・・プレイをしていただいた後に、こんな質問を受けました。

「主人公って男性なんですか?」

「あれ、主人公、男なの?」

 

後から考えればわかったのですが、正直その時は

(えっ、なぜそんなことを質問されるのだろう)

と考えておりました。主人公は多少髪が長めとはいえ、男性的なのになぜ・・・と。

 

友人から聞いて初めてわかりましたね。

タイトル名 刀”姫”戦鬼

・・・・そりゃ姫が主人公と思うわな。 (´・ω・`)

タイトルですが、システムやら物語がふわふわしている段階で決めております。

しかも、作者は語感やフィーリングだけで決めております。

そのため、

”刀”を持った主人公が

”姫”を助けるため

”戦”場を駆け

”鬼”を倒すお話

という話の流れで割と適当に決めています。

姫は戦う側ではなく、救われる側なのです。

もはや、一度タイトルを決めてしまった以上はどうしようもないのですが・・・

過去の自分、タイトルはちゃんと考えましょう。

 

「反省点5 ・・・戦闘システム」

下記についてはよく指摘されていました。

1.死んだ敵を攻撃し続けるために、囲まれれば死んだ敵を攻撃し続けて、生きている敵に攻撃されてゲームオーバー

2.回避のレスポンスが悪い。

3.カメラワークが悪い。

4.マップがないので迷う。

直しやすいものも、正直どうなおせばよいかもわからないものもいろいろありますが、

できるだけ直して冬コミに臨もうと思う次第です。

 

【告知】デジゲー博2017に参加します

この度、サークルHighdarabotchiは11/12日に開催されます、デジゲー博2017に参加いたします。

配置場所はE-21b、初参加になります。

展示物ですが、ゲームシステム紹介を兼ねたミニゲームを展示予定です。

 

霧の中わらわら出てくる敵を倒したり・・・・

 

バリアはって敵の攻撃防いだり・・・・

 

思った以上に殺意の高いサイの攻撃を防いだり・・・・

 

する感じのミニゲーム集です!

間に合えば第一ステージも公開する予定です。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

続・タイトル画面を作りたかったお話

続・タイトル画面を作りたかったお話


前回背景についてはまだ作ってなかったので、とりあえず背景を作ってみる。

イメージ的には森の中、鬼が木々を分けながら進む感じ。

 

木とか葉の素材についてはtextures.com様(https://www.textures.com/)からお借りして、

Unityの、TerrainとTreeで法線マップとか設定しながら作ってみる。

 

 

 

うーむ・・・前より良くなっている気がするが、やっぱりコレジャナイ気がする。

 

とりあえず直せそうなのはこのくらいか。

 

・1 牙とか筋肉の質感がコレジャナイ・・・というか何か怖い。

・2 主人公が小さすぎるし、ポーズが微妙

 

・・・というわけで一つひとつ直していく。


・1・牙とか筋肉の質感がコレジャナイ・・・というか何か怖い。

 

質感がコレジャナイ感があるので、マテリアル設定を色々いじってみる。

主人公とかにも使ってるし、一番なんとかできそうなのがToon/Lit Outline

 

マウスクリックだけでシェーダ設定できるとか、Unityほんとに便利。

・・・がこんな感じ。

 

 

うーむ・・・ポップ?な感じに少しはなったが、

筋肉の凹凸感と、牙の形状とかが全部消えてしまう。

 

どうしたもんか、何かエフェクトとか無いか?

と色々いじっているとこういうものを見つけた。

StandardAssets についてくるScreen Space Ambient Obscurance(SSAO)というものらしい。

 

 

カメラに対してAdd Componentで加えると、後処理で影とかをつけてくれるらしい。

適用してみるとこんな感じ

 

 

おー。影がちゃんとついてる!

ちょうど良く・・・・なった?

 


・2 主人公が小さすぎるし、ポーズが微妙

Blenderでいじって主人公のポーズを変えてみる。

主人公が小さいのはカメラの配置や撮影角度で頑張ってみる。

 


とまぁ、色々細かく調整しながら

そんなこんなで・・・完成!!

 

 

うーむ。・・・ゲームサイトっぽくなってきただろうか。

 

タイトル画面を作りたかったお話

タイトル画面を作りたかったお話


「刀姫戦鬼」ゲームサイトを作成していますが、

 

 

・・・何となくこの上部分が寂しい。

 

よくあるゲームの紹介サイトだと、ココらへんは

ゲームコンセプト画像とか、タイトル画面とかがあるらしい。

 

ということで、ゲームコンセプト画像を作ってみようと計画。

イメージとしてはこんな感じ。

 

 

いや、絵が書けないとはいえ・・・我ながら雑だなこれ

というか伝わるのだろうか。

 

・・・とりあえず作りたいイメージとしては下記の3点

 

(1)大きくて強い鬼を倒すことをコンセプトにしたいので、迫力のある鬼が迫る絵。

(2)木々とかに囲まれていて、それを鬼が押しのける。

(3)鬼を見上げて構える主人公。主人公は鬼と比べてすごく小さい

 

 

絵はあまり書けないので3Dモデルで頑張ってみる。

主人公は作ってあるし、木々についてはUnityのTerrainとか使えば簡単につくれるはず。

あとは・・・鬼を作ればいいだけ。

 

まぁ、ゲームのボス敵をいつかは作らなければならないし、このタイミングでつくってみるかと思い立つ。

タイトル画面もできるし、モデルも増やせるし一石二鳥。

 


 

とりあえず、鬼といえば筋肉!、角!、怖い顔!。

グーグル先生の画像情報を参考にしながら頑張ってみる。

 

処理量とか、頂点数とか度外視で楽に作りたいので、

こんな感じのパーツをコピペを繰り返して作成して、組み合わせてつくる。

 

 

スケール変えたり、変形させたりして、ペタペタ組み合わせて肩から腕をつくる。

 

 

・・・一応人体の筋肉を参考にしたつもりだが、だいぶかけ離れている気がする。

まぁ、架空のモンスターだし問題ないか。

 

**********その後の作成の流れ************

 

「うーん・・・ボス敵に手で広範囲に攻撃してほしいから、もうちょっと長いほうがいいか。」(23時)

 

「よし・・・胴体できた。あれ?銅太くね?」(深夜0時)

 

「顔とかどう作ればいいんだろ。・・・いかん悪魔みたいに横方向の角を作ると思った以上にひどい。」(深夜1時)

 

「・・・腕とか・・・4つあったらかっこよくね?」(深夜2時)

 

「疲れた。寝る」(深夜3時)

 

 

「こんなだっけか?。まぁなんとかなるはず。足作るか。」(次の日 20時)

 

「いや、体のバランスを考えると、足はもっと細長いほうがいいか」(次の日 22時)

 

「完成・・・?」(次の日 深夜0時)

*******************************

 

 

・・・という感じでの完成物がこれ。

 

 

あれ・・・何か思ったよりも気持ち悪くないか、これ?

いや、落ち着け。

 

ボーン組み込んで、ポーズを取らせて、シェーダで誤魔化せばまだなんとかなるはず。

blenderでボーンを組み込んで、目とかつければまだ頑張れ

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・いや、これ違うわ。何かだいぶ違う気がするわ。

 

木とかまだ作ってないけどわかるわこれ。

 

どうやってもうちょっとポップな感じにすべきか・・・